ロジック調整の途中経過

 

ロジック調整の途中経過

 

前回の投稿でお伝えしたロジック調整、方向性は固まりました。

上のグラフのようなポイント推移です。

 

これは約 15000 件の生データ 1 日分の検証結果です。

もう少しルールを調整しながら検証を続けます。

 

これまでのロジックとの大きな違いは、

-200P の最大ドローダウンでのロスカットが無いということ。

 

これで、大きな安心感を持って日々のベッティングを行うことができるようになりそうです。

ドローダウンが小さいということは、複利運用にも有利に働きます。

 

迷いのないベッティングを継続するためには完全なルール化が必要です。

 

・台にエントリーする条件

・エントリーする台の優先順位の決定方法

・ベットする出目の選択ロジック

・台の状況が悪くなった時に出る条件

・複利運用計画を含めた資金管理ロジック

 

これらを全てルール化して複利で増やしていくことができないと、

システムベッティングの意味がありません。

 

1 ポイントが 100 円なら出来るのに、

1 ポイントが 10 万円になったら出来ないようなルールなら

最初からそのルールは破綻しています。

 

最終調整にもう少し時間がかかりますが

完成したら、実践検証に入ります。